花粉症・抗アレルギー薬@通販

花粉症・抗アレルギー薬@通販では、季節を問わず飛び散る花粉やアレルギーに対して絶大な効力を発揮する医薬品の通販が可能です。マスクや市販薬だけでは抑えきれない微小なアレルゲンを抑えるために是非ご利用ください。

ロラタジン
3件の商品がございます
表示件数
並び替え

ロラタジン

ロラタジンとは抗ヒスタミン薬のひとつで、花粉症によるくしゃみ・皮膚のかゆみなどのアレルギー症状の緩和に用いられます。
アレルギー反応を引き起こす物資が体内に入った時、ヒスタミンという物質が大量に放出され、鼻炎やかゆみや湿疹などのアレルギー症状が表れます。
ロラタジンはこのヒスタミンの放出をブロックすることでアレルギー症状を抑えます。
成分が脳内に入りこまないため、副作用として眠気を感じることはありませんので、服用後も車の運転や機械の操作をすることができます。
さらに服用により口の渇きを感じることはほとんどありません。
また、ロラタジンはアレルギー症状の原因に作用するものではないので、対処的な治療薬となりますが服用している間はアレルギー症状が緩和されます。
体質によっては服用後効果が表れるまでに時間がかかることもあります。
ロラタジンの保管方法に関しましては、湿気を嫌いますので湿度の高い場所を避けなければいけません。

ロラタジンの作用機序と副作用

ロラタジンは、花粉症により鼻炎や皮膚のかゆみ、蕁麻疹などのアレルギーの症状を鎮める抗ヒスタミン薬です。
アレルギーそのものを治癒させるものではなく、症状を抑えるものです。
アレルギーの症状は、免疫系の細胞である肥満細胞から放出されるヒスタミンという化学伝達物質が受容体と結合することにより起こります。
抗ヒスタミン薬は、このヒスタミンと受容体の結合を阻害することで、アレルギーの症状を抑える薬です。
ロラタジンは、ヒスタミン受容体に対する選択性が高いので、口の渇きや排尿障害の原因となる抗コリン作用が起こりにくいとされています。
また、鼻炎薬や風邪薬などに良くある眠気の副作用もほとんど起こらないとされており、症状に対する即効性もあり、また持続性もあります。
重篤な副作用はないとされていますが、長期間服用を続ける場合は、定期的に肝機能の検査を受けることをおすすめします。
てんかんの持病のある方は服用には注意が必要です。

ロラタジンが効果を示す症状とは

抗ヒスタミン薬のロラタジンが効果を示す疾患として代表的なのが、アレルギー性の花粉症です。
ヒスタミンはヒスタミン受容体と結合しアレルギー症状を引き起こす為、ロラタジンの抗ヒスタミン効果により、受容体を阻害し結合できなくすれば、アレルギー症状を抑える事が出来ます。
その他の疾患としては、湿疹や蕁麻疹、アレルギーによる肌のかゆみにも緩和効果が認められています。
またロラタジンは、抗ヒスタミン薬に多く見られる副作用の眠気や倦怠感が現れる事が少なく、外国人データによれば空軍パイロット及び航空会社のパイロットを対象に行った、フライトシミュレーションでもプラセボと比べて操作機能能力に影響を与えていません。
よって、副作用の少ない第2世代の抗ヒスタミン薬と呼ばれています。
この薬は持続性を有する為に、1日1回の服用だけで十分な効果があり、妊婦に処方しても安全と考えられており、抗ヒスタミン薬の中では第1選択薬となっています。
しかしながら服用に当たっては主治医とよく相談した上でのご利用をお勧めします。

マスクで花粉を完全に防げるのか?

マスクの花粉遮断率は、95%とされており、価格の高いマスクでも安いマスクでも、ほとんど効果は変わりません。
また、呼吸のしやすさも考慮すると、花粉遮断と呼吸のしやすさの2条件を満たしているマスクが好ましいです。
高いマスクだと、ウィルスなども防ぐようにキメが細かく作られているため、呼吸がしづらいというデメリットがあります。
花粉症対策として使うならば、値段にはそれほどこだわらずに呼吸のしやすさを優先して選んでも構わないことになります。
問題になるのは、マスクと顔の隙間から侵入する花粉ですので、自分の顔のサイズにあったマスクを使わないと、隙間が大きくなり、そこから入ってきます。
ワイヤー入りマスクでは装着前にワイヤー部分を折り曲げると、鼻の横に出来る隙間を減らせます。
プリーツ式のマスクでは、顎までしっかり伸ばして装着することで、頬の部分にできてしまう隙間を減らせます。
しっかり隙間を防げば、95%の割合で花粉は防げます。

花粉症になる人とならない人の違い

花粉症は、小さい花粉に対して人の体がアレルギー反応を示すことによって起こります。
毎年冬の終わり頃になると、マスクをつけている人を見かけることが多くなりますが、日本人の中にはかなり多くの人が花粉症に苦しんでおります。
しかし、花粉症になる人とならない人がいるということは少し不思議に感じる点だと言えます。
花粉症になる原因は遺伝であるといわれており、家族などに症状が出ている人がいる場合には、現在まだ症状が出ていないような時でも将来的に発症してしまう可能性があります。
ただし、必ずしも遺伝によって発症するとは限らず、ライフスタイルなどが影響することも確認されているようです。
基本的に炭水化物を良く摂取する人の場合には花粉症になりにくいと言われており、肉料理などの欧米的な食生活をしている人のほうが症状が出やすいと言われております。
また、花粉自体に触れる機会が多い人は発症してしまう可能性が高いので、出来るだけ体内に花粉を入れないようにすることも大切です。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県