花粉症・抗アレルギー薬@通販

花粉症・抗アレルギー薬@通販では、季節を問わず飛び散る花粉やアレルギーに対して絶大な効力を発揮する医薬品の通販が可能です。マスクや市販薬だけでは抑えきれない微小なアレルゲンを抑えるために是非ご利用ください。

レボセチリジン
3件の商品がございます
表示件数
並び替え

レボセチリジン

レボセチリジンとは、アレルギー症状を抑える事のできる薬で、ザイザルという医薬品に含まれている成分です。
アレルギーは種類も原因も様々で、レボセチリジンは全てのアレルギーの原因そのものに対しての治療薬ではなく、アレルギー「症状」に対してアプローチする薬です。
アレルギー発症の際にはヒスタミンという体内物質が放出され、それはヒスタミン受容体と結びつき、その刺激でアレルギー反応を発症させるのですが、レボセチリジンはそのヒスタミン受容体をブロックする事で、アレルギー症状を緩和するという効果から抗ヒスタミン薬の一種と呼ばれています。
このレボセチリジンは錠剤と水薬があり、アレルギーは小児も多いため水薬もあり、服用にあたっては生後6ヶ月から、錠剤は7歳以上から可能となっています。
代表的な対象疾患はアレルギー性鼻炎や蕁麻疹で、代表的な副作用として眠気がありますので、これらを服用している場合は車の運転等はしない事です。
小児の副作用では稀に痙攣がみられる事がありますが、小児は神経系が未発達だからです。
また、肝機能障害なども見られる事もありますので、少しでも副作用の症状が出た際には医療機関を受診するようにして下さい。

レボセチリジンの作用機序と副作用

レボセチリジンはアレルギー症状を緩和するための薬です。
体内に外部から異物が侵入するとこれを排除するために働く身体の機能として免疫がありますが、これが過剰に働いてしまいアレルギーが起こります。
花粉症もアレルギー反応であり、花粉は人体には毒性はありませんが、こうしたものにも免疫が反応してしまいます。
アレルギー反応にはヒスタミンという物質が関与しており、神経受容体とこれが結びつくことでアレルギー症状が誘発されると考えられています。
レボセチリジンはヒスタミンの受容体をブロックすることでアレルギー症状を緩和し、花粉症や蕁麻疹、皮膚のかゆみなどに効果があります。
レボセチリジンの特徴としてヒスタミン受容体に対する選択性が高く、それ以外の作用が少なくなっています。
そのため古いタイプの抗ヒスタミン薬では、口の渇きや排尿障害などの副作用がほとんどありません。
副作用として眠気やけん怠感がでることがあります。
腎臓病、肝臓病、てんかん、高齢の人が服用する場合は注意が必要となりますので、必ず医師にご相談してから使用してください。

レボセチリジンの開発経緯

レボセチリジンは「ザイザル」という商品名で販売されている、花粉症やアレルギー性鼻炎、かゆみなどのアレルギー症状に有効な抗ヒスタミン薬です。
これらのアレルギー症状は、アレルギー物質が体内に取り込まれることで、免疫系の細胞からヒスタミンという化学伝達物質が放出され、H1受容体と結合することで引き起こされます。
抗ヒスタミン薬は、このヒスタミンとH1受容体との結合を阻害する働きを持っているためしっかりとアレルギー症状を抑えることができます。
しかし、従来の抗ヒスタミン薬では、脳のH1受容体の働きも抑制してしまうため、副作用として眠気が強く出てしまうケースが多くありました。
そのため仕事をしている方、特に車の運転や機械の操作をする方は服用することができませんでした。
そこで開発されたのがレボセチリジンであり、レボセチリジンは脳への移行を少なくし脳内のH1受容体との結合を減らすことで、従来のものよりも眠気を抑えることができるため、仕事をしている方でも比較的服用しやすくなった薬となっています。

アレルギー体質にはどのような種類があるのか

「アレルギー体質」とは、名前の通りアレルギーを起こしやすい体質のことを言います。
アレルギーとは、ハウスダストや花粉、動物の毛などの「アレルゲン」が体内に侵入した際、体が過剰な「拒絶反応」を起こすことです。
アレルギー体質の方は、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、花粉症、喘息など、アレルギーにまつわる様々な病気にかかりやすくなります。
アトピー性皮膚炎は、全身のあらゆる箇所にかゆみや痛みを伴う湿疹が出ます。
乳幼児期から発症し、大人になるにつれてだんだんと快方に向かうのが特徴があるアレルギーです。
アトピー性皮膚炎は重症化すると日常生活に大きな支障をきたすため、アレルギー体質の方が抱える病気の中でも特に深刻なものです。
また、花粉症はスギやヒノキなど、様々な植物の花粉が原因で鼻づまりや鼻水、咳やくしゃみなどの症状が出るものです。
花粉症に悩む日本人は年々増加傾向にあり、今や「国民病」と言われるようになっているようです。

アレルギーを改善することは可能なのか

生まれ持ったアレルギーは、重度なものになるほどつらいものです。
アレルギーを完全に治癒することは難しいとされていますが、体質改善などによってアレルギーを改善することはできます。
弱った体による免疫力の低下は、アレルギーを起こしやすくする原因となることがあります。
仕事や勉強によるストレスがたまったり、カロリーの過剰摂取などによって血中の活性酸素が増加したりすると、体の防衛力を低下させるアレルギーを引き起こす原因になることもあります。
そのため、早寝早起きを習慣づけ、健康を考えた食事を摂ることや規則的な生活リズムをつくり、ストレスをためないこと、趣味などをみつけることが必要となります。
また、ダニやハウスダストによる生活環境の汚れは、アレルギーを誘発するとともに、体の健康にも悪いものです。
空気の入れ替えや空気清浄器を利用し、部屋の空気をきれいにするよう気を配ることもアレルギーを改善する1つと言えます。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県