花粉症・抗アレルギー薬@通販

花粉症・抗アレルギー薬@通販では、季節を問わず飛び散る花粉やアレルギーに対して絶大な効力を発揮する医薬品の通販が可能です。マスクや市販薬だけでは抑えきれない微小なアレルゲンを抑えるために是非ご利用ください。

デスロラタジン
3件の商品がございます
表示件数
並び替え

デスロラタジン

デスロラタジンはアレルギー疾患の症状の緩和に使われる薬で、抗ヒスタミン薬に分類される薬です。
ヒスタミンとは体を病原菌の侵入から守るために免疫という防衛手段を備えており、たとえば風邪をひいてしまうと鼻が詰まることで微生物の侵入を防ぐことができます。
またくしゃみは体内から異物を外へ排出する働きがあり、このような反応をおこす物質としてヒスタミンがあります。
これ自体は体の機能として正しいことなのですが、過剰に働いてしまうと問題がおきます。
たとえば花粉症もその一例として代表的なものであり、人体は花粉に対しても免疫が過剰に働いてアレルギー反応を起こします。
ヒスタミンが過剰に作用しすぎているために生じるため、アレルギー反応を抑えるためにはヒスタミンの作用を抑制する必要があります。
この鍵となっているのがH1受容体であり、デスロラタジンはこのH1受容体を阻害する作用があります。
これによってヒスタミンによるアレルギー反応を抑えることができるのです。

デスロラタジンの作用機序と副作用

身体にとって異物であるたとえば、微生物とか、花粉が体に入った時、これが抗原となり、この抗原が身体と異質と認識するものが抗体で、再び抗原が体に入った時抗原抗体反応が起こり、抗原を無毒化します。
ところが、抗原と抗体が結び付き肥満細胞の受容体に作用すると、ヒスタミンが放出され、アレルギー反応が生じます。
このヒスタミンを受容体をあらかじめブロックして、アレルギー反応を起こさないようにする薬品を抗ヒスタミン剤といいます。
最初に発売されていた抗ヒスタミン剤は、脳に到達して、中枢神経を抑制して、鎮静作用や催眠作用などの副作用がありました。
1983年以降に発売された第2世代抗ヒスタミン薬は、第1世代の抗ヒスタミン薬に比べて、中枢神経抑制作用が少なく喉の渇きや胸焼けなどの作用が少ないものです。
デスロラタジンは、第2世代抗ヒスタミン薬に属し、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹や皮膚病(湿疹や皮膚炎)に伴うかゆみの治療薬として臨床試験がおこなわれており、海外ではデスロラタジンとして既に発売されています。

デスロラタジンの治験結果について

毎年到来する花粉症の季節には、マスクやめがねなどでの予防に加えてアレルギーに関する医薬品が多数使用されています。
多くのアレルギー性鼻炎などの医薬品には、副作用として眠気などがどうしても出てしまいます。
アレルギー症状によるつらさもありますが、仕事中や運転を余儀なくされる場合には思うように服用することが躊躇されます。
多種の医薬品の中でもデスロラタジンは、従来のアレルギー症状の医薬品と比べこの眠気などの副作用がなく、また服用後の持続時間が長いことが特徴です。
アレルギー症状は、アレルゲン(抗原)が進入することで、体内で抗体が作られこの抗体がヒスタミンなどの化学物質後合成することで症状が発現します。
デスロラタジンはこのヒスタミンなどを抑制するほか、脳に入りにくい性質を併せ持つために、副作用の大幅な軽減が可能となっています。
1日1回の服用で、運転などの支障もありませんので、社会人にとってはありがたい医薬品といえます。

食物アレルギーの種類や症状

食べ物が原因でアレルギー症状を起こす「食物アレルギー」は、実に様々なものがあり、食物アレルギーの中でも最も多いのが「卵アレルギー」です。
このアレルギーは成人より乳幼児に多く見られるのが特徴で、アトピー性皮膚炎や蕁麻疹、下痢、嘔吐、喘息などの症状が出ます。
ひどくなると「アナフィラキシーショック」を起こすこともあるため、決して甘く見ることが出来ないアレルギーです。
また、「小麦アレルギー」は小麦が原因で起こるアレルギーで、乳幼児から小学生までの子どもが多く発症します。
私達の身近な食べ物には小麦を用いたものが非常に多いため、小麦アレルギーの子どもを持つ親は、子どもの食事に最大限配慮する必要があります。
その他にも、「ピーナッツアレルギー」や「牛乳アレルギー」、「米アレルギー」や「大豆アレルギー」、「果物アレルギー」や「牡蠣アレルギー」など、アレルギーを発症する原因となる食べ物は非常に多いのです。

金属・ゴムなど、アレルギーの種類と対処法

アレルギーの種類というものは本当に多岐にわたっており、有名なものでは、食物アレルギー、動物アレルギーなどがあります。
特に食物アレルギーについては世間に見識が広がってきていて、飲食店などでも食品表示や配慮などが行われるようになってきました。
あまり知られていないアレルギーの種類として、金属、ゴムアレルギーがあります。
これらもじんましんを引き起こし、症状がひどい場合には全身に症状があらわれ、ときには血圧低下などをひき起こし、ショック状態に陥ることがある危険なものです。
現在の医療では金属、ゴムアレルギーを根本的に解決する方法はなく、日常から回避するしかないのが現状です。
特にゴムアレルギーは医療品との相性が悪いため、医療機関を受診する場合や、治療を行う場合には自己申告が必要です。
また、このような体質に関して周囲の理解も必要ですので、家族や友人、職場の同僚や上司にも理解を求め、協力を得る必要があります。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県