花粉症・抗アレルギー薬@通販

花粉症・抗アレルギー薬@通販では、季節を問わず飛び散る花粉やアレルギーに対して絶大な効力を発揮する医薬品の通販が可能です。マスクや市販薬だけでは抑えきれない微小なアレルゲンを抑えるために是非ご利用ください。

セチリジン
3件の商品がございます
表示件数
並び替え

セチリジン

セチリジンはアレルギーを抑える効果がある薬剤です。
アレルギー症状がなぜ起こるのかというと、その仕組みはヒスタミンという体内物質が問題を引き起こすことがわかっています。
セチリジンはこのヒスタミンの受容体をブロックすることでその活動を抑制させることができ、アレルギー症状を抑えます。
特に、花粉症などのアレルギー性鼻炎に高い効果を示し、その他にも、じんま疹や湿疹、皮膚のかゆみなどにも効果が確認されています。
また、セチリジンの特徴として、ヒスタミン受容体に対する選択性が高いということがあげられるため、非常に多くのアレルギー症状に有効な薬となっています。
このように広い範囲で効果のある抗アレルギー薬を第2世代の抗ヒスタミン薬として分類されています。
ただし、対症療法薬ですので、アレルギーそのものを根本的に根治させることはできません。
あくまでもアレルギー症状を緩和させることができる薬として理解する必要があります。

セチリジンの作用機序と副作用

セチリジンは、アレルギーの発症を抑えるお薬です。
体内でアレルギー反応を引き起こすヒスタミンという物質が機能した際、ヒスタミンの受容体をブロックしてその働きを抑えて、花粉症などのアレルギー性鼻炎をはじめ蕁麻疹や湿疹、皮膚のかやみなどに有効な薬です。
セチリジンの主作用は、ヒスタミンの受容体を遮断する事で、プラスアルファの作用としてロイコトリエンなどアレルギーに関係する、化学伝達物質の遊離を抑制する作用もありますが、これは治療薬ですので原因そのものは治せません。
使用にあたっては、すぐに効き始めますが十分な効果が現れるまでには数日かかる場合があります。
花粉症に関しては予防的に花粉が飛び始める直前から服用を開始し、その後も決められた期間服用して下さい。
個人差はありますが、眠気や倦怠感を感じる事や、集中力や注意力が低下する場合がありますので、車の運転や危険を伴う作業は避けた方がよいでしょう。

セチリジン塩酸塩の適応症とは

セチリジンは抗アレルギー剤として、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹や湿疹のかゆみどめに使用される薬品です。
人の体にアレルギーが生じるのは、異物として体に入ってきた物質(抗原とよばれます)が、それが異物であると認識できる物質(抗体)が身体にでき、再びその抗原が身体に入った時、交代と結びつきさらに体内にある肥満細胞と結びついて、ヒスタミンを発生するからです。
このヒスタミンが、ヒスタミン受容体と結びつくことでアレルギー反応が起きます。
抗ヒスタミン剤といわれる薬は、ヒスタミン受容体とあらかじめ結びつき、アレルギー反応を阻止します。
抗ヒスタミン剤には、第1世代といわれるものがあり、これは、副作用として中枢神経を抑制して鎮静作用が出たり、眠くなったり、抗コリン作用が現れ喉が渇いたりします。
1983年以降に発売されて第2世代の抗ヒスタミン剤は、中枢神経抑制作用が少なく眠くなりにくく鎮静作用も少なくなっています。
セチリジンは、第2世代の抗ヒスタミン剤に属する薬で、特にくしゃみや鼻水に効果が高く、アトピー性皮膚炎のかゆみ止めとして期待され子供への効能も認められています。

アレルギーのメカニズムについて

アレルギーは、通常は無害なアレルゲンと呼ばれる物質に対する過剰な反応のことです。
人の身体に、アレルゲンとなる物質が侵入すると、身体の中の免疫系は、この物質を有害な物質として認識します。
そのため、その有害な物質から体を守るために、免疫系はIgE抗体と呼ばれる物質を次々と作り出します。
IgE抗体は、肥満細胞と呼ばれる細胞と結合しやすい性質を持っています。
そのため、アレルゲンとなる物質が侵入するたびに作り出されるIgE抗体は、次々に肥満細胞に結合していきます。
そして、ある量のIgE抗体が作り出されると、アレルギー反応の準備が出来上がります。
この状態で再び同じ物質が身体の中に侵入すると、肥満細胞に結合したIgE抗体は、その物質を捕まえ、結合します。
この反応が起こると、そのことが刺激となって、脂肪細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されます。
放出されたヒスタミンは全身に運ばれていくため、身体のいたるところで炎症を引き起こすことになり、この炎症がアレルギー反応と呼ばれる反応です。

公益財団法人日本アレルギー協会とは

公益財団法人日本アレルギー協会は、アレルギー患者に対する治療の推進やアレルギーに対する国民全体の認知度の向上などを目的として昭和42年に厚生省所管の財団法人として設立されたものです。
主な活動としては、アレルギー疾患についての認識を高めるための勉強会の開催や広報活動、アレルギーに対する対処法の紹介、その他アレルギーに関する問い合わせの受け付けや研究学会などの支援など、アレルギーに関する活動全般にわたっています。
また、日本アレルギー協会では、アレルギーに関する治療促進のため、研究に携わる医療機関やその従事者に対し資金援助も行っています。
アレルギーは年々増え続け、現在では日本人の約半数は何らかのアレルギーを持っているとも言われています。
たかがアレルギーと言われるかもしれませんが、対応を誤れば最悪の場合命を落すことにもなる非常に厄介なものでもあります。
この危険さと正確な対応方法を含め認知度を高めるとともに、出来るだけ多くのアレルギー患者を無くすことが日本アレルギー協会の目的です。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県