花粉症・抗アレルギー薬@通販

花粉症・抗アレルギー薬@通販では、季節を問わず飛び散る花粉やアレルギーに対して絶大な効力を発揮する医薬品の通販が可能です。マスクや市販薬だけでは抑えきれない微小なアレルゲンを抑えるために是非ご利用ください。

オロパタジン塩酸塩
10件の商品がございます
表示件数
並び替え

オロパタジン塩酸塩とは

アレルギー症状を抑える対処療法薬の成分の1つに、オロパタジン塩酸塩があります。
オロパタジン塩酸塩はアレルギー発症の原因となる体内物質「ヒスタミン」の受容体をブロックすることでアレルギー性鼻炎や皮膚のかゆみ、蕁麻疹などの各種症状を緩和させることから「抗アレルギー薬」や「抗ヒスタミン薬」と呼ばれることもあります。
抗ヒスタミン薬の種類としては「第一世代」、「第二世代のⅠ類」、「第二世代のⅡ類」の3つがあり、オロパタジン塩酸塩は第二世代のⅡ類に分類されています。第二世代の抗ヒスタミン薬は第一世代よりも眠気や口の渇き、胸やけなどの副作用症状が弱く、服用後も体内で代謝されずそのまま排出されることから副作用が気になる方や、代謝の生理機能が弱っている高齢者への使用が推奨されています。
なお、アレルギー発症の原因となるヒスタミンは活性アミンの1種となり食事から取り込まれたり体内で生成され、通常時は細胞内に収まっています。ヒスタミン自体は神経伝達物質や化学伝達物質(ケミカルメディエーター)としての役割を担っており人体に欠かせない物質ですが、過剰な摂取や分泌によりアレルギー症状を誘発する原因となることもあります。
オロパタジン塩酸塩はアレルギー自体を治療する作用はありませんが、ヒスタミンがアレルギー症状を引き起こさないように働きかけるタイプの医薬品となっています。

オロパタジン塩酸塩の効果効能

私たちの身体は、アレルギー抗原等が体内に侵入したり接触すると免疫系の細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質を放出するようになっています。しかし、人によってはこれらの化学伝達物質が神経受容体と結合するときに生じる刺激で、くしゃみ、鼻水、皮膚瘙痒感などの様々なアレルギー症状が現れる場合があります。オロパタジン塩酸塩は、この神経受容体をブロックすることで、ヒスタミンとの結合を阻止して不快な症状を抑制する効果効能があります。
オロパタジン塩酸塩が有効な症状としては、主に花粉症による季節性鼻炎や、ハウスダストなどによる通年性鼻炎、蕁麻疹、皮膚のかゆみなどのアレルギー性疾患による症状を治療する際に用いられます。特に効き目があるのは蕁麻疹、鼻水やくしゃみ、鼻づまりの緩和にも高い効果を発揮します。また、ロイコトリエンなどのアレルギーに関連する化学伝達物質の遊離を抑える性質もあります。即効性がありますが、人によっては十分な効果が発現するまでに数日を要する場合があります。花粉症など季節性のアレルギーに対して使用する場合には花粉が飛び始める前に服用を開始するようにしましょう。また持続時間が長いのも特徴の一つで、通常大人は朝と夜の1日2回経口服用します。なお、症状や年齢によって適宜調整する必要があるため、子どもや高齢者が服用する場合には事前に医師へ相談すると良いでしょう。

オロパタジン塩酸塩の作用機序

オロパタジン塩酸塩にはアレルギー症状を抑える効果がありますが作業機序を理解するには、まず最初にアレルギーのメカニズムを知る必要があります。
アレルギー症状が起こる原因には、ヒスタミンという物質が深く関わっています。ヒスタミン自体は元々私たちの体内に存在するもので、体内で生成されたり食事によって取り込まれます。神経伝達物質の一つであり、化学伝達物質(ケミカルメディエーター)としての役割も担っていることから「刺激伝達物質」や「細胞間伝達物質」とも呼ばれており、通常時は細胞内の顆粒に貯蔵されています。ヒスタミン自体は人体にとって必要不可欠な物質となっていますが、アレルギー抗原が体内に侵入もしくは接触すると免疫細胞などから放出され、神経受容体(H1受容体)と結合する時に生じる刺激によって様々なアレルギー症状を誘発します。これがアレルギーのメカニズムです。
オロパタジン塩酸塩は神経受容体(H1受容体)を遮断することでヒスタミンと神経受容体(H1受容体)の結合を阻止し、アレルギー反応を抑制する作業機序となっており、この働きにより各種アレルギー症状を和らげます。
また、神経受容体(H1受容体)を遮断する作用以外にも、アレルギーに関連するその他の化学伝達物質が遊離するのを抑制する効果も持ち合わせており、花粉症などの季節性アレルギーにも、ハウスダストやペットアレルギーなどの通年性アレルギーにも使用できる優秀な抗アレルギー薬です。ただし、アレルギー自体を根本的に治療する効果はありません。アレルギー症状を抑える対処療法薬として使用するのが一般的です。

オロパタジン塩酸塩の副作用

オロパタジン塩酸塩は第二世代の抗ヒスタミン薬に属し、第一世代の抗ヒスタミン薬と比較すると副作用は控えめです。ですが、全く副作用が起きないわけではありません。最も多い副作用は眠気となっていますので、オロパタジン塩酸塩を服用した場合は運転や機械操作など危険を伴う行動は避けてください。
そのほかの副作用としては倦怠感、頭痛、口の渇き、腹痛、動悸などの症状が出る場合があります。
めったにありませんが重篤な副作用としては、不随意運動・浮腫・劇症肝炎・肝機能障害・黄疸などが発現する場合があるため、腎臓・肝臓に問題のある方は十分注意する必要があります。また、食欲の低下や発熱、発疹、吐き気、発熱、尿の茶褐色化などが発現することもあります。
ご使用の際には用法用量を守り、異変を感じた場合は安全のため医師へ相談しましょう。なお、副作用が出ていなくても長期にわたり服用する場合には定期的に肝機能検査を受けることが推奨されています。

オロパタジン塩酸塩の注意点

オロパタジン塩酸塩の注意点として、まずオロパタジン塩酸塩に対し過敏症の既往歴がある方はご使用いただけません。
また、比較的安全に使用できる抗アレルギー薬として小児や高齢者も服用可能となっていますが、症状や年齢によって服用量を調整する必要があります。成人以外の方が服用する場合には、予め医師へ相談すると安心です。医師から減量して服用するように指示があった場合にはピルカッターなどで錠剤をカットし、慎重に投与してください。
腎臓や肝臓が悪い方、持病やアレルギーを持っている方、すでに常用薬がある方などは服用開始前に医師へ相談するようにしましょう。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県